2018年8月1日水曜日

週間呑みアルキスト7.1~7.31





●7月1日
W杯はノックアウトステージ。一番面白い試合の組み合わせが続く。この日は優勝候補のスペインが開催国ロシアにまさかのPK戦負け。続くクロアチア×デンマークも息詰まる試合が展開しこちらもPK戦でクロアチアが薄氷の勝利。観てる方も身体がもたないなこりゃ。


●7月2日
ブラジルがメキシコに2-0の順当勝ち。ネイマールもやっと復調したか。さて続いてお楽しみの日本×ベルギーはいい意味で予想を裏切る大熱戦。優勝候補の一角ベルギー相手に堂々と互角に渡り合う展開。ディフェンスラインもきっちり機能し危ない局面を作られながらもなんとかルカクを封じている。後半、右サイドから仕掛けた原口のテンポをずらしたファインゴールで先制!思わず絶叫。さらに乾のお得意の右サイドからのミドル炸裂で2-0と信じられない展開。追い詰められたベルギーがここから怒涛の反撃で、アンラッキーな失点の後、日本の弱点をついて高さのフェライニ投入で同点弾を決められる。そして延長が見えた最後のインジュアリータイムで電光石火のカウンターを決められジ・エンド。最後はベルギー陣内でのCKから速攻を決められるって、CKを真っ正直に蹴った本田の判断がすべて台無しにしやがった。ドーハの教訓は生かされず。何考えてるんだか。まあ、延長になっても逆転は必然だっただろうが。それにしても惜しい試合を落としたものだ。今回の代表には全く期待していなかったので面白くしてくれたことは評価したいが、それでもまだまだ世界のトップ8への道は限りなく遠い。


●7月3日
ベスト8への最後の2試合は、スウェーデンがスイスを接戦の末1-0で下し、コロンビアとイングランドはPK戦の末イングランドがベスト8に。


●7月5日
高校の年1回の恒例マスコミ会。いつもの日比谷『松本楼』で開催。年々高齢化が進み出席者数はさみしくなる一方。名物のカレーもルウがなくなり白飯が残る。年よりは本当に食が細くなる。こうなれば別に会場が松本楼じゃなくても全然問題ない気がする。来年は会場変更も考える必要があるだろう。


●7月6日
午前中から終日CDブックの収録で高田馬場のスタジオにこもりっぱなし。やっと解放され、以前よく通った中華料理『将軍』に足を運んでみる。さすがに顔なじみだったフロアのおばちゃんはいなくなっていたが店はそのまま。味は以前よりちょっと味付けが濃くなったような。料理人だって変わるんだろうな。この日からいよいよ準々決勝。ウルグアイ×フランスは0-2でフランスの貫録勝ち。ウルグアイはカバーニ欠場は何とも痛かった。ベルギー×ブラジルは2-1でベルギー。日本にあわやと言うところまで追い込まれたベルギーが王国ブラジルを危なげなく下した。


●7月7日
事務所の隣の『明治屋2nd』のルーツは浅草の酒屋さん。そのご実家が店じまいする前に倉庫に残っていたヴィンテージものの、スコッチやブランデーを大放出ということで、宵のうちからジョニ黒だとか、ヘネシーだとかちびちび味わう。お店のテレビで23時からのスウェーデン×イングランドを(0-2でイングランド)最後まで観てしまったので、当然終電もないため事務所に戻って続くロシア×クロアチアを観戦。クロアチアはまたまた延長戦を強いられるがなんとかPK戦で勝ち抜いた。始発で帰宅し爆睡。


●7月9日
いよいよ準決勝。フランス×ベルギーは個人的にはベルギー有利と踏んでいたが、押されながらもセットプレーから先制したフランスが、堅い守備とカウンターを機能的に生かし逃げ切った。


●7月10日
準決勝2組目。イングランドとクロアチアは、イングランドが先に先制弾を決めたことからクロアチアが再び追いかける苦しい展開。クロアチアにとっては3度目の延長戦にもつれ込むも、若いイングランドを2-1で下しどうにか決勝進出。モドリッチの気合に決勝はなんとかフランスを打倒し、悲願の初優勝をと、すっかりクロアチアびいきに。


●7月13日
台湾駐在時代の同僚だったTD嬢が来社。勤めていた会社を5月いっぱいで退社したということで慰労を兼ねた食事会。水道橋の『アンチヘブリンガン』でパスタをいただきながらランチビールを飲みながら近況を聴く。午後は老舗の喫茶店『ミロンガ・ヌオーヴァ』で昔話。



●7月14日
昼間新宿で映画を観た後、酒と食料を仕入れて帰宅。3位決定戦ベルギー×イングランドは2-0でベルギーの貫録勝ち。若手中心のイングランドは次大会が楽しみだ。楽しかったワールドカップも残すは決勝のみ。


●7月15日
いよいよ決勝戦。クロアチアは延長続きで体力的にも心配されるが、先制はフランス。アンラッキーなオウンゴールだったが、持ち前の集中力でペリシッチがすぐに同点とするが、再びエリア内のハンドでPKで離される。クロアチアにはどうもツキがない。後半に入ると前がかりになったクロアチアに対しポグバとムバッペのスーパーゴールが炸裂。結果4-2でフランスがワールドカップを高々と掲げることになった。祝祭の日々もついに終焉。はやくもW杯ロスにとらわれてしまう。


●7月17日
高校のマスコミ会の報告&慰労会で1期上の先輩SG氏とKS氏と池袋のビアホール『ライオン』へ。来年以降の会の進行を話し合う。


●7月18日
仕事の打ち合わせでフリーライターのTM嬢の地元荻窪へ。彼女推薦の南口の落ち着いた居酒屋『おざ』で一杯やりながら仕事の段取りを説明。遅くならないうちにバスにて帰宅。


●7月19日
日頃お付き合いのあるデザイナーのNM嬢、ライターのTN嬢、SM嬢と暑気払い。クロアチアの準優勝祝勝会を兼ねて京橋のクロアチア料理レストラン『ドブロ』へ。案の定ワインの祝勝半額セールもあって大満足。シュトゥルクリ(パスタ)、サルマ(ロールキャベツ)といった郷土料理に舌つづみを打つ。


●7月26日
K社時代の同僚だったHY氏、SH氏と久々に暑気払いで会うことに。渋谷ヒカリエ内の『博多漁家磯貝しらすくじら』で一献。2件目はHY氏のかつての行きつけというオジサマ度の高い『深雪花』というスナックで放歌高吟。久々にはじけまくる。


●7月30日
新宿3丁目の『Rusty’s Bar』が、移転前の『t’S bar』時代から数えて20周年ということで、帰宅の途中立ち寄る。マスターとはもう40年近い付き合いである。そんなことを話しながらちょっとしみじみした気分になってしまう。















0 件のコメント: