2020年3月5日木曜日

週間呑みアルキスト2.1~2.29



●2月3日
節分。深夜まで会社で粘って零時ちょうどに早稲田穴八幡の陽来復を事務所の恵方に向かって貼りつけて終電に飛び乗って帰宅。いいことありますように。


●2月4日
横浜港に接岸したダイヤモンドプリンセス号の新型コロナウィルス問題が深刻化。果たして水際で感染の広がりを阻止できるのか?


●2月7日
かつて編集長をやっていたP誌が来月で創刊30周年を迎えるので、なにか記念の集まりができないか当時の編集部員だったAS氏、WB嬢を神保町の『東京アチコーコー』に呼び出し会食しながら相談。当時関わった色々な人たちの近況を聞く。Bar『KLINE BLUE』、『明治屋3rd』とハシゴ。


●2月11日
野村克也氏が逝去。名監督ということで多く報道されたが、子供の頃憧れた南海の選手時代を思い出す。森永か明治製菓だったか野球カードで最初にもらったものが野村捕手だった。昭和のヒーローたちがどんどんいなくなる。


●2月12日
オーディオブックのディレクションを担当していたSZ嬢が辞めることになって、Cスタジオの人たちや仲の良かった声優さんたちとささやかな送別会を四谷の居酒屋『どげん』で開く。路地裏の小さな店だが焼鳥が意外とうまかった。


●2月13日
新型コロナウイルスは猛威をふるいだし、いよいよ死者が出る。巷ではマスクしている人があふれているが既に品薄でどこを探しても売り切れだ。


●2月14日
市ヶ谷の打ち合わせ先から直帰することにしたが、途中下車して新宿三丁目『Rusty's bar』に立ち寄る。アイラウイスキー「ブナハ―ブン」を知る。


●2月16日
午前中に地元のシネコンで『1917 命をかけた伝令』を観賞。夜はP誌の創刊30周年の会をやろうということで、新宿の会場候補のレストラン『ヒズギント』をWB嬢と視察。新宿三丁目の居酒屋『とりや なんじゃこりゃ』で会の内容を吟味。


●2月19日
神戸の感染学専門医の岩田健太郎医師がダイヤモンドプリンセス号のずさんな防疫体制をSNSで告発。相当ヤバい状況のようだ。不要不急のイベント自粛という勧告もあり、P誌の立食パーティーは延期が賢明だろう。人数を絞って食事会に切り替えることに。


●2月23日
ヘビー級のタイトルマッチ、ワイルダー対フューリー戦を昼から家呑みしながらテレビ観戦。手に汗握る展開だったがよもやのワイルダーのKO負けに驚く。次は来月の井上尚弥のカシメロとの防衛戦だ。今から待ち遠しい。


●2月27日
カメラマンKG氏とスポーツライターのTD氏と四谷『徒歩徒歩亭』で呑み会。KG氏は週末の東京マラソンの後、バドミントンの取材で英国に行く予定だというが、新型コロナでどうなるかことかと心配顔だが、果たして本当にこのまま東京五輪に影響しないのか?しないわけはないと思うのだが。大変なことになってきた。Bar『3Cirkle』にハシゴ。


●2月28日
旧知の編集者KM氏が仕事の相談ありということで、神保町の大衆店『テング酒場神保町
店』でごちそうになる。まあ面倒くさい相談だったら断れるからと思って安い店にしたが、やはりこの店にしてよかった、という結末。


2020年2月1日土曜日

週間呑みアルキスト1.1~1.31





●1月1日
元日の天皇杯が新国立のこけら落としになるということで、観戦を楽しみにしていたが、まだ対戦カードも決まらないうちに発売となったチケットは、わずか3分でソールドアウト。ということで2020年の元旦はテレビの前で呑み食いのスタート。


●1月2日
こちらも恒例のラグビー大学選手権の準決勝を観戦しに秩父宮へ。こちらも自由席しか取れなかったので混雑を見越してかなり早い時間に家を出たが、開門前に既に長蛇の列。協会のメンバーズ特典で優先入場の列があったので、そちらに並ぶと開門後はスムースに入場出来てバックメインに近い席を確保できた。早稲田は天理、明治が東海を下し11日の決勝は久々の早明対決に。スマホで箱根の速報を見ると母校が往路を制し昨年のリベンジを果たしたということで、なかなか正月からいい気分である。事務所に立ち寄り年賀状を改修した足で、三崎稲荷神社で初詣。


●1月3日
朝から箱根の復路を観ながらテレビの前で呑み食い。母校は復路も圧倒的に駆け抜け完全優勝だ。夕方から実家に出向き一杯。


●1月7日
正月からずっとテレビの前にくぎ付けとなっていたのは高校ラグビーをJスポーツで全試合中継していたからでもあったが、この日ついに桐蔭学園と御所実業で決勝戦が行われた。激戦の末桐蔭は初の単独優勝。振り返るに東京代表は桐蔭とはあまりにもレベルの違いを感じる。


●1月9日
東京五輪の出場権がかかったサッカーU23アジア選手権。日本は開催国で出場は決まっているがこの大会ですくなくとも3位以内に入れなければ、出場資格が問われても仕方がない。初戦となったサウジ戦、時差の関係で10時過ぎのキックオフだったので帰宅してテレビ観戦。結果はあまりいいところなく、また不可解な判定もあり1-2で初戦を落とす。


●1月11日
新国立でラグビー大学選手権の決勝戦。新スタジアム初めての観戦はゴール裏に近い2階席。座席の前が何とも狭いのと、やはりトラックがある分意外とピッチが遠く感じられた。試合は大方の予想を裏切り早稲田が速い展開と、息つく間もない連続攻撃で前半で大差がつく。後半は対抗戦王者の明治が意地の猛攻を仕掛けたが、時すでに遅し。新国立で初の選手権の覇者となった早稲田の「荒ぶる」の歌声が響き渡った、


●1月12日
U23 アジア選手権の第2戦。シリアに1-2で敗れ予選リーグ敗退が早くも決定。森保一監督では世界と戦えないのは明白。


●1月14日
ロンドン在住のデザイナーWKさんが帰国中ということで、かつてお世話になった編集やデザイナー仲間と新宿三丁目のワイン居酒屋『バクライ』で一席を設ける。その後『Rusty’s Bar』に顔を出す。


●1月20日
K社時代の後輩TN氏、WS氏、TM嬢とカメラマンKG氏と市ヶ谷の居酒屋『にんじんや』で新年会。箱根でも区間記録が相次いだナイキの”厚底シューズ”の話題で盛り上がる。東京五輪ではどうなるのだろう。


●1月23日
前日誕生日であったこともあって仕事をよく共にするライターのTM嬢、HZ嬢、デザイナーのNM嬢と飯田橋の『香港賛記餐廰』で食事会で祝ってくれた。香港直輸入のお店だけに本場に近い味や雰囲気も本国そのものなのだが、この日は在日香港人の春節を控えた忘年会。お店はますます香港さながらの様相だった。


●1月27日
中国武漢から広がった新型肺炎ウイルスはいよいよ猛威を振るいだした。東京五輪は果たして大丈夫だろうか?開催前に収束に向かうのだろうか、ちょっと心配だ。


●1月31日
昨年のラグビーワールドカップ以来のラグ友TO嬢とTM嬢と高田馬場のラグビーパブ『ノーサイドクラブ』で、ちょっと遅い新年会。ラグビー一色の店内にビックリ。店内モニターのトップリーグの試合を観ながらビール、ウイスキー、ワインと結構な量を呑んでしまう。ちょっと病みつきになりそうな居心地の良さではあった。


2020年1月4日土曜日

週間呑みアルキスト12.1~12.31





●12月3日
神保町『明治屋3rd』にて、ニュージーランドのワイン「HAKA」を賞味。W杯ラグビーの盛り上がりもあってSマスターが仕入れたものだが、赤はメルロー、白はカベルネソーヴィニヨン。ライトでフルーティー、呑んだら雄たけびを上げたくなるかと思ったが、対極のソフトな口当たりだった。


●12月6日
T印刷のMT氏と最近広告代理店H社で働いているTD嬢と、上野広小路の和食屋『和食・和酒 極』にて、一足早い忘年会。帰り際店にスマホを置き忘れ、秋葉原駅から引き返す。そんなに飲んでいなかったがこれも老化か?


●12月9日
早朝に近い深夜、WOWOWで世界ヘビー級のアンディ・ルイス対アンソニージョシュア戦を観戦。勝ちに徹するため、終始アウトボクシングでポイントを稼いだジョシュアが大差の判定で王座奪還。
しかし眠い目をこすりつつ、ヘビー級にあるまじき興奮のない凡戦に損した気分。ジョシュアもフューリーやワイルダーに比べれば全く魅力に欠けるチャンプだ。


●12月11日
オーディオブック『幼女戦記』の収録でご一緒させていただいている声優のYZ氏とSN嬢と、落合のCスタジオにて打ち上げを兼ねた忘年会。スタジオのUR社長お手製のハワイ料理に舌つづみを打つ。終電間際まで話が弾む。


●12月14日
元旦の天皇杯サッカー観戦は、ここ何年か恒例になっていたが、今年は新国立のこけら落としでもある。この日発売となったチケットを入手しようかとPCの前で発売時間を待ったが、開始後わずか3分で完売!呆然となる。まだ対戦カードも決まっていないからと高をくくっていたが甘かった。今度の元旦は久々に家でのテレビ観戦となりそうだ。


●12月17日
いつもK社のカレンダーを依頼しているかつての同僚OT氏が、わざわざ事務所までもってきてくれる。お礼を兼ねて神保町にて色々と近況を聞きながら食事。下戸のOT氏なので喫茶店の名店『ミロンガ・ヌオーバ』にご案内。


●12月18日
事務所に同居しているATカメラマンのF1グランプリ500戦を記念して品川キヤノンギャラリーで開催される写真展のオープニングパーティーに出かける。素晴らしいモータースポーツの世界を堪能した。会場に来ていたK社時代の後輩TO氏、SB氏と品川駅港南口の居酒屋『升亀』で旧交を温める。


●12月20日
来年の仕事となる取材先を見学するために池袋から電車に揺られJR川越線の笠幡へ。うまれて初めて降りる駅。五輪のゴルフ競技会場となる霞が関GCの最寄り駅で、それなりに整備が進んでいるが、のどかな風景に本当にここに観戦客が集まるのかなかなかイメージができない。まあ普段は車が交通の主要手段で問題ないのだろうが、本番では車で行くわけにもいくまいに。


●12月21日
生まれ変わった国立競技場のお披露目会「ファーストウォーク」に朝早くから参加。いち早くスタジアムを体感できる機会があった。まあ当初のザハ案の斬新さに比べると凡庸な設計だが、まあ新しいスタジアムの完成はやっぱりなんとなく嬉しい。天井があるので以前の突き抜けた開放感もなくなってしまったのも気になる、あとは実際の競技を観戦してみなければ機能に関してはなんとも言えない。実際に最初の生観戦となる来月11日のラグビー大学選手権決勝戦が待ち遠しい。


●12月23日
ミドル級のタイトル戦村田諒太対スティーブン・バトラー戦を『明治屋3rd』にて観戦。村田見事なKO勝ちで店内も沸く。
ビールも美味し。


●12月24日
穴八幡の一陽来復御守を持ってきてくれたライターのTM嬢に奢るため神保町の老舗ビヤホール『ランチョン』で食事。大晦日か節分の深夜零時に事務所内にお札を張らなきゃならないのだが、これが結構大変、まあ節分だな。


●12月27日
いつも仕事を依頼している編集者OK氏とデザイン会社SBのTK氏と早い時間から仕事納め。水道橋の『日本酒原価酒蔵』で久々の日本酒で乾杯。ほろ酔い加減で『台南坦仔麺』にハシゴ。


●12月28日
『明治屋3rd』にて有志貸し切りの忘年会に参加。前マスターから引き継いではや1年。通算でもう15年の付き合いになった。


●12月30日
恒例になった高校時代の仲間との忘年会。練馬の『かごの屋』というすき焼き屋で食べ放題呑み放題。みんな年を取ったせいもあって詰め込んだ腹を抱えて二次会に行くものは無しで散開。みんな年が明けると65を迎える。立派な老人である。やれやれ。